ご予約

TEL
0166-85-7437
時間
9:00-13:00 / 15:00-19:30

歯の治療について

●虫歯治療

大きな穴があいていても、虫歯が神経にまで達していない限り、できるだけ神経をとらずに保存するよう治療をおこなっています。 小さい虫歯や部分的に限局している虫歯に対してはコンポジットレジン(白いプラスチックのようなもの)を充填することにより、削る量を最小限にするように心がけています。

虫歯にならないために

まずは毎日のハミガキが大切です

しかし、ただやみくもに磨けばいいというわけではありません。一人一人歯の形、並び方が違うため、その人にあったハミガキの方法があるのです。デンタルフロスや歯間ブラシもうまく利用しましょう。

フッ素とキシリトールの利用

1日一回のフッ素入りうがい薬とフッ素入り歯磨剤の利用によって、酸に溶けにくい抵抗力のある歯にしていきます。キシリトールガムやタブレットを利用することによって、酸を出しにくい、歯にくっつきにくい虫歯菌に変えてくれます。

定期的なクリーニング

毎日のハミガキでは落としきれない汚れや着色を3ヶ月に一度は落としましょう。

●歯周病治療

昔は歯槽膿漏といわれていましたが最近では歯周病もしくは歯周疾患などとよばれています。歯周病はお口の中に存在する歯周病原菌が歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている組織に炎症をもたらすことで病気が進行し、歯が抜けてしまう病気です。 歯周病にはこれまで中高年層に多く見られると言われていましたが実状では30代前後で約80パーセントの方が発症しており初期症状においては若年齢層からでも50パーセントの方にも見受けられます。 また歯周病は『沈黙の病気』とも呼ばれており、発症しても痛みがないため自覚症状のないまま進行していき、
気が付いたときには取り返しの付かないということもあります。

プラーク

歯垢(プラーク)とは歯と歯肉の間に溜まる乳白色の粘性のあるものです。歯垢1㎎中には2億ほどの細菌が存在すると言われています。また口の中は栄養面や温度においても細菌が繁殖するには最適な場所なのです。

歯石

歯石とは歯垢が長期間付着し唾液中のカルシウムと混ざり合って石灰化したものです。栄養分を多く含みデコボコがあるので更に細菌や歯垢がたまりやすくなります。 また大変硬質のため通常のブラッシングでは取れませんので定期的に歯科医院での歯石除去をお勧めします。

●歯周病にならないために

定期的な検診を受けることによって歯周病予防を行うことができ、もし歯槽骨に異常がでた場合でも早期発見、早期治療が可能です。 対策としては、正しいブラッシングを習得すること、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)や歯石をクリーニングによって除去すること、定期健診を受け早期発見に努めることが大切です。

●小児歯科

予防治療とは

子供の虫歯の特徴はなんといっても進行が早いことです。 当院では、虫歯予防のアドバイスから歯医者嫌いのお子さんでも安心して受けられる治療に取り組んでおります。 お気軽にご相談ください。

成熟した強い歯を育てるには

歯が生えてきたのは成長のあかし。 うれしいことですが、生えてきた乳歯はとてもデリケートです。きちんとしたケアをしなければ虫歯になってしまいます。5歳15歳が虫歯になりやすいピークで24歳になると虫歯の発生率がぐんと減ります。なぜならば生え始めの歯は未成熟で弱いけれどその歯をきちんと予防すれば成熟した強い歯に育っていくからです。

乳歯について

乳歯は永久歯とは同じ歯であっても全くその作られ方が違います。 乳歯は永久歯に比べて軟らかい。 乳歯は食生活の影響を受けやすく、う歯になりやすい。 乳歯の下には永久歯が出てくる準備がされているため、乳歯のカリエスを放置すると正常な咀嚼ができず、顎の発育に影響をあたえる。 その為、処置の仕方が永久歯とは異なること知ってください。

●歯科口腔外科

口腔外科は、一般歯科と少し違い手術などもするお口の外科です。
このような症状のある時に受診するとよいでしょう。

・親知らずが痛む、腫れている
・顎関節症(あごがガクガクする、口が開けにくい、あごが痛い)
・外傷
・口内炎やできものが気になる
・インプラントをしたい

顎関節症

顎関節症とは関節の病気で、さまざまな症状があります。

主な症状
・顎周辺の筋肉痛
・口を開けると音がする
・口を開けると痛む
・顎の関節がひどく痛み口が開けられない
・顎の関節がずれたり、外れてしまう

原因には次の様なものが挙げられます
・かみ合わせが悪い
・事故などで顎を打った
・精神的なストレス
・くいしばり
・歯ぎしり
治療は、マウスピースを作成し顎の関節を楽にさせます。
必要に応じて筋肉の炎症をとる薬を飲んでいただきます。マウスピースは徐々に調整していきます。

治療の流れ
1. 問診、診察
2. レントゲン撮影
3. 顎の触診(開口測定)
4. 治療計画を立てる

主な治療法
1. マウスピースの装着(その都度調整していきます)
2. 薬の服用によって顎の関節や筋肉をリラックスさせる
3. 症状がひどい場合(口が全く開かない等)は関節に直接薬をいれることもます。

顎関節症は初期段階での治療をお勧めしております。時間がたつにつれ治療期間が長引くことになります。
顎関節症は体に様々な害を及ぼしますのでお早めに受診ください。

親知らず

正常に生えていたら大切にしてください。 歯茎の横から生えた、顔を出しそこなった、歯茎の中に埋まっている。この様な場合は抜歯をおすすめします。 隣の歯をむし歯にする、磨きにくいなどで不潔になりやすいのです。 又、噛み合わせが悪くなったり、歯肉炎を起こす事があります。

外傷

怪我や事故などで口や歯を怪我してしまった場合など。

口内炎

口内炎とは口腔粘膜に発現する炎症をいいます。ただの口内炎と思っていたら腫瘍や別の疾患だったというケースも少なくありませんので、あれ?っと感じたら口腔外科を受診しましょう。

●審美歯科

審美歯科とは、簡単に言うと『歯』を美しくするという意味です。 最も新しい考え方では、歯そのものの美しさだけではなく、口元の印象を決めるスマイルラインやEライン、歯ぐきの色や健康状態などを含めた総合的な美しさのことを言います。単に歯を白くするだけではなく、歯並びや歯茎の状態などもトータルで考えて美しくする必要があると思います。

前歯の隙間が気になる方に

正 近年審美治療を望む人が増えています。 最新の審美歯科(新技術)では数年前に比べ格段に進歩しています。すきっ歯を治療するのもその一つ。簡単に出来る治療では、歯を削ることなく隙間を埋めることも可能です。

差し歯・詰め物の素材について

審美歯科は、虫歯や銀歯、入れ歯などを白い歯に作り変えることを中心に行われています。ところが単に白い歯にしただけでは、時間の経過と共に変色したり、歯茎が黒ずんだりするなど、審美的に不都合な現象が出ることがあります。 黒い歯茎の原因は、金属によるものが大半です。口の中の金属が唾液により溶解され、歯茎や周囲の色を黒くしてしまうのです。また、溶け出した金属のイオンはアレルギー反応を引き起こすことがあります。「金属アレルギー」です。「金属アレルギー」は一度症状が出てしまいますと改善は難しく、深刻です。 現在の審美歯科では、これらの現象を防止でき、色調も大変美しい素材が用いられるようになりました。オールセラミックが代表的なものです。 最も新しい差し歯では、歯の根元部分に「グラスファイバー」を使用し、全く金属を使わずに治療するところまで進んでいます。

審美歯科でのセラミック冠や差し歯の治療

当クリニックは金属を全く使用しないオールセラミックによる治療を行なっております。現在のセラミックス素材の中で最も美しい「エンプレスⅡ」を使用しておりますので、安全性、審美性にもご満足いただけることと思います。土台からご希望の方には「グラスファイバー」を使用します。

歯列矯正

審美歯科の代表的なものに矯正治療があります。従来の歯列矯正は「金具が目立つ」「金属アレルギーが出る」などの不快要素がありました。最近では、目立たないワイヤーを使用したり、金具部分を樹脂やセラミック素材にしたり、表面からは見えない技法で取り組む方法が開発されたりと、不快要素が軽減されました。

ラミネート法

新しい審美歯科の治療方法として「ラミネート法」があります。 主に前歯の隙間、いわゆるすきっ歯の治療に用いられます。これまでの治療は「差し歯」による治療が主流でしたが、ラミネート法により、神経を痛めることなく治すことが可能です。差し歯による治療に比べ、やや耐久性に難点はありますが、簡単に短時間で治療が行なわれるため、負担が軽減されます。

黒い歯茎

当クリニックではタバコなどの刺激を受けた黒い歯ぐきをきれいなピンク色に再生させる治療も可能です。 歯茎が黒いのはメラニンによるものが多いですが、金属を使用した差し歯(メタルボンド)は黒くなることがあります。オールセラミックの差し歯に交換する必要があります。

●予防歯科

歯の健康相談やお悩みをお気軽にご相談ください。 これは虫歯かな?こんな歯並びって大丈夫? ホワイトニングしたいけど差し歯があります。 歯茎が腫れているけど、これって歯周病? など、お悩みの方は一度ご相談ください。

●診療の流れ

痛いところだけを治せばいいという昔ながらの考え方から、お口全体を考えた総合的な治療へ。そして今より悪くならないように虫歯や歯周病を予防していくシステムを確立することを目指しています。

 初診

痛みがある場合は、その処置をします。また入れ歯等の破損に対しても修理をします。

 検診

レントゲン写真や歯周病、虫歯の検査、お口の写真撮影(口腔内写真)等を行います。

 カウンセリング

嵐山通り歯科クリニックの治療方針や虫歯、歯周病についてのお話、皆様のお口の状況について専任スタッフがご説明します。悩み等をお聞かせ下さい。

 お口のクリーニング


痛みがなくても歯周病は存在します。検査結果をもとに、歯石取りや歯ブラシの練習をします。このステップをしっかりしないと再び虫歯や歯周病が進行しやすくなります。回数は個人差がかなりあります。1回で終わる場合もあれば、4~5回かかる場合もあります。

 虫歯治療のスタート

歯を削ったり、つめたり、かぶせたりする治療になります。痛くしないことをモットーに治療していきます。治療回数は虫歯の数や程度により個人差があります。数回で終わる場合もあれば長期にわたることもあります。

 カウンセリング

歯に詰めものをしたり、かぶせたりする物にどのような種類や材質があるかを詳しくお話しします。皆様が考える不安、疑問、悩みをお聞かせ下さい。皆様個人個人に合った、ベストな解決策を一緒に考えて見つけていきます。

 定期検診

治療が終わったら、その状態を長く維持させるために通院が必要です。悪くならないように先に手を打つことで健康なお口の中を保っていきます。3~4ヶ月毎の定期検診メニューに従って予防していきましょう。通常、定期検診は一日で終わります。問題が無ければ、3~4ヶ月後の予約となります。

定期検診のご案内

病状の程度や患者さんの口腔衛生状態によって異なりますが、歯周病の場合、再発をふせぐためには一般的に三ヶ月検診が望ましいとされています。

原因の除去によって歯周炎は改善しますが、再発の危険性が高いため、メインテナンスが不可欠とされるからです。メインテナンスとは、病状の安定を維持するための定期的な治療の事で、リコール(検診)の時に行います。期間の設定はケース・バイ・ケースで、歯周病のリスクの高い患者さんは最初1ヶ月ごとに来ていただき、その後は病状に応じて2ヶ月、安定すれば3ヶ月検診というようにしていく場合もあります。歯周病のリスクの低い方で虫歯の予防であれば、通常の6ヶ月検診で充分だと思います。